【伝】
音読み:デン
訓読み:つた(える)(わる)(う)
旧字体は「傳」で、「横から見た人」と
「糸巻き」と「右手」の象形から成ります。
手で糸を糸巻きに巻き付ける様子、
「1つの中心をぐるぐると回る」ことから
「事物がぐるぐるとめぐり、広く知らしめる」
ことを指して、
「つたえる」を意味する
「伝 / 傳」という漢字が成り立ったと
言われています。

2021.7.13(tue) 14(wed) 15(thu) 16(fri)
10:00-18:00

開催場所 : グミ東京オフィス
(渋谷区東3-13-11 A-PLACE恵比寿東 9F)

GUMIKE ONLINE<特設サイト> 同時開催予定

GUMIKE2021
開催テーマは【伝】

人や社会の物理的な分断により、
【伝える】ことの大切さ
また、齟齬なく【伝わる】ことの
難しさに気付かされました。

コンテンツを通じて「情報」を
伝えていくのと同時に、
「情熱」「想い」「感謝」もきちんと
お伝えしていきたい。
そのために、私たちの持ちうる
アイデアとデジタル技術を結集し
GUMIKE2021」ならではのイベント
展示となるよう考えました。

糸と糸を紡いで服が生まれるように、
人と人を繋ぐことで、そこから新しい
ものが生まれていく。

グミとの出会いが、誰かに伝えたくな
るような出来事になりますように。

Gumike ATREE Showcase

リングをひねる 
のぞきこむ

miruwa

タッチモニターを触れば情報が出てくる。随分当たり前になってしまいました。
miruwaでは情報を「選ぶ」のではなく、「探す」ことでより対象に関心をもって触れ合えます。
また、操作と連動して情報の深度も増していくため情報の連続性も学ぶことができます。
デジタル時代だからこそあえてモノに触れることの重要性に立ち返りました。

  • Point
  • 1

    アナログなデバイスの持つ存在感。
    「覗いてみよう」「触れてみよう」というアフォーダンスのあるコンテンツ設計です。

  • 2

    リング型デバイスを操作し、
    敢て情報を「選ぶ」のではなく「探す」ことによる情報への没入感を得られます。

  • 3

    リングで対象を捉えたまま、関連する情報をその場で切り替えていけるUI。
    コンテンツと操作に連続性をもたせることで、ユーザーは情報の繋がりを直感的に理解できます。

Gumike ATREE Showcase

仲間とつながれ!「陣取りフィットネス」

Fit de GO!

「Fit de Go!」は隙間時間にスマホやタブレットを使ってできるチーム対抗の継続型運動コミュニケーションツールです。リズムに合わせて動かした身体を、スマホが骨格を検知して姿勢や運動結果を判定します。運動で得られたポイントによって、マップのチームエリアが拡大されます。敵の拡大をふせぎ、自分のチームのエリアを増やしましょう。体の動きがスマホに「伝わり」、仲間に「伝わる」。これって楽しい。

  • Point
  • 1

    テレワークで運動不足の体に、隙間時間で簡単にゲーム感覚で運動が楽しめます。タブレットやスマホが骨格を読み取って運動を判定してくれます

  • 2

    運動の判定結果によって参加したチームのエリアが拡大していきます。敵がエリアを奪っていくので、定期的に運動をしてエリアを守っていくことで、継続敵に運動を促します。

  • 3

    優勝目指してチームみんなで楽しんでもらうことはもちろん、コロナ禍の生活によって、コミュニケーションがなくなってしまった友達へ自分の存在を伝えることができます。

Gumike ATREE Showcase

あなたの影が世界を動かすかもしれない。

Edu-Be-Ing Theater

あなたの影の中に現れるちょっと不思議な空間。一歩前に踏み出すことで見えてくる、大切なこと。それは知っているようで知らない、この世界で起きている本当の出来事。もう目を背けることはできません。
だって、あなたの声が、行動が、彼らに届く時、未来は少しずつ明るくなっていくのだから。知ることからはじまる、世界を動かすコンテンツ。

  • Point
  • 1

    モーションセンサー×音声認識・Web-ARを連動!
    ユーザーの動きや位置とスマホによる音声認識・Web-ARを連動した体験型シアターコンテンツです。

  • 2

    スクリーンに映る上質な3DCG空間へダイブ!! 特別仕様の楕円形スクリーンとフォトリアルな映像。動物たちの息づかいが聞こえてきそうな一体感を再現!

  • 3

    あなたの体験が動物たちの生命をつなぐ!  絶滅の危機…その理由とは!? 事実を学び、ポイントを獲得。 体験を通して絶滅危惧動物を救えるサステナブルコンテンツ。

Gumike ATREE Showcase

温もりを感じられる、もう一つのオフィス

ATREE

バーチャル空間上のオフィスにアバターで出社しましょう!コロナ禍によってリモートワークが一気に加速し、私たちは新たなビジネス課題に直面しました。それは社内コミュニケーションの減少とマネジメントの難しさ。
ATREEはオフィスワークでなにげなく行っていた「ちょっとした相談や雑談」「今何をしているかの把握」「変わった様子はないかの確認」などを離れていても実現できる唯一のリモートワークツールです。

  • Point
  • 1

    アバターがいることで相手の状態が分かり、今話しかけていいのか分かる。社員同士での見られている意識が生まれることで、集中して仕事に取り組める。

  • 2

    どんな業務にどのくらい時間を使っているのか、マネジメント側の知りたい情報をデータでわかりやすく把握できる。ユーザー自身が、時間の使い方・配分の振り返りもできる。

  • 3

    リモートワーク中の「見えた方が安心するけど、見えすぎても困る」「すぐ話せた方が便利だけど、ずっと聴こえても困る」など、ユーザーの気持ちにとことん配慮した設計。

Gumike Online Showcase

リアルとバーチャルで伝える新しい展示会

GUMIKE ONLINE

リアルで体感できることもバーチャルで求められる時代に向けてグミが考える展示会を形にしました!「グミケ2021」はリアルと並行してオンラインでも開催します!
GUMIKE ONLINEは、リアル会場で紹介するコンテンツの情報は勿論、当日の会場と繋いだ視聴者参加型LIVE配信やオンライン商談も対応します。リアルとバーチャルどちらからでも「グミケ2021」を体験いただけます!

  • Point
  • 1

    イベント終了後は、当日配信した動画のオンデマンド配信や、期間中に寄せられた紹介コンテンツに対する疑問や回答を通年で掲載。

  • 2

    リアルのイベント感がそのままWEB上に残り、イベント期間後も、紹介コンテンツとして生き続ける。

  • 3

    開催期間中のご都合がつかない方など、どなたでもいつでもどこでも、リアルイベントに参加した時と同等の体験が可能。

新型コロナウイルスの
世界的流行によって、
社会からは多くの「当たり前」が失われることになりました。
グミでも毎年開催していたGUMIKEを、2020年の開催は見送りつつ
この先の見通せない社会課題に対して何かできないかと検討を重ねてまいりました。
そして、今だからこそ伝えられることがあるのでは思い、
今回の「GUMIKE2021」の開催を通じて、みなさまに発信していきたいと考えました。

私たちの「想い」「情熱」、そして「アイデア」が
みなさまのお仕事により良いかたちで伝わるように、
GUMIKE2021」はリアルとオンラインで同時開催いたします。

グミ東京オフィスでは感染防止対策を徹底の上、
みなさまをお迎えいたしますが、同時間帯の来場人数の制限を行います。

来場予定日・来場人数把握のため、
お手数おかけしますが、下記フォームより事前予約をお願いいたします。

来場予約フォーム

GUMIKE ONLINEは来場予約無しで
ご参加いただけます。

Gumike Order Logo

グミ東京オフィ
スへのアクセス

住所

東京都渋谷区東3-13-11 A-PLACE恵比寿東 9F
JR恵比寿駅西口より徒歩6
東京メトロ日比谷線恵比寿駅5番出口より徒歩5

TEL

03-6821-9393

FAX

03-6821-9395